人工妊娠中絶について

早めの受診が大切な理由

早めの受診が大切な理由

妊娠週数がすすむほど子宮内の胎児が成長するので、中絶する際の母体への負担が大きくなります。また、術後の出血や疼痛が増悪するケースもあり、リスクも高くなってしまいます。やむを得ず中絶手術を受ける決断をした場合は、なるべく早くご相談ください。

  • 中絶手術が受けられる時期

    人工妊娠中絶が可能な期間は、「母体保護法」で妊娠22週未満(21週6日まで)と定められています。しかし、早いほど母体への負担が軽くなります。
    当院では妊娠初期(妊娠9週頃)までとさせていただいております。

  • 手術内容

    当院では妊娠初期(妊娠9週頃まで)のご相談をお受けしており、子宮口に細い管を挿入する「吸引法」で手術を行っています。

    また、静脈麻酔による全身麻酔をしっかり行うため、手術中の痛みはほとんどありません。
    前日の処置は必要ありません。

中絶の流れ

中絶の流れ
  • 手術前診察

    まずは十分な診察と説明を行い、患者様の希望をよく確認します。その後簡単な検査を行い、手術日を決定します。

    手術には、ご本人とパートナーの男性による手術同意書へのサインおよび捺印が必要です。

  • 手術

    簡単な診察の後、前投薬の注射を肩に行い、超音波検査で十分な安全を確認しながら、静脈麻酔下に吸引法の手術を行います。
    手術は15分程度で終了します。回復室で約3時間ほどお休みになってからご帰宅していただきます。

  • 手術後検診

    手術の数日後に来院していただきます。その後は、子宮の回復状況を確認するため、3回ほど通院していただきます。

  • 会計

    手術代金は予約日に予約代金として5,000円(税別)かかります。
    手術当日の朝には、麻酔と手術、その他の費用含めて、80,000円~90,000円(妊娠週数によって異なります。)をお支払いいただきます。

※手術は予約制です。

手術時の痛み

手術時の痛み​

手術の間は、モニターを装着した全身管理のもと、静脈注射による麻酔を行います。眠っている間に手術が完了するので、手術中の痛みは十分にコントロール可能です。
ご不安な方はご相談ください。

また、術後の痛みについては、随時痛み止めを使用しています。

手術後のケア

手術後のケア​

術後数日~10日間ほどは、人により程度は違いますが、少量の出血や痛みがみられます。感染症を防ぐために処方された薬は必ず飲み、ナプキンはこまめに交換してください。術後しばらくは入浴せずシャワーにして、外陰部を清潔に保ちます。

多くの患者様は手術当日、自宅安静をしていただきますが、翌日からの軽作業は可能ですので、詳しくはご相談ください。

受診のお問合せはお気軽に

名古屋市中区で産婦人科・婦人科のことならご相談ください。
●女性医師相談可 ●「新栄町駅」「千種駅」各駅から徒歩7分 ●駐車場完備

pagetop